シリアル/USB の シリアルポートに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

シリアルポート

読み方、または別称:しりあるぽーと

シリアルポートとは、パソコンと音響カプラまたはモデムなどを接続するシリアル通信方式のインターフェースである。正式名称はRS-232(Recommended Standard 232)だが、インターフェースは“ポート”とも呼ばれるため、一般的には「シリアルポート」と呼ばれる。
もともとテレタイプ端末とモデムの接続用にCCITT(現:ITU-T)がV.24、V.28勧告としていたものを、米国のEIA(The Electronic Industries Alliance:日本の電子機械工業会に相当)により通信用として規格された。よって、テレタイプライタやパソコンなどのDTE(Data Terminal Equipment:データ端末装置)とモデムなどのDCE(Data Circuit-Terminating Equipment:データ回線終端装置)と接続し、データの伝送を行うための電気的・機械的な特性を定義したものである。
パソコン同士の接続には、クロスケーブル(リバースケーブル)を使うことで可能になる。クロスケーブル、ヌルモデムの配線はさまざまで、互いのパソコンのGND同士を接続し、互いのパソコンのTXDとRXD同士をすることは必須になる。
しかし、これらだけの接続はあまりせず、多くの場合CTS、DSR、DCD、DTRのいくつかを接続しているのが普通である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る