情報科学 の シュミットトリガに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

シュミットトリガ

読み方、または別称:しゅみっととりが

シュミットトリガ (Schmitt trigger)とは、デジタル回路の入力回路方式のことである。これの特徴としては、出力状態が入力電位の変化に対して、ヒステリシスを持って変化することが挙げられる。「トリガ」と呼ばれるのは、入力信号が高低のしきい値を超えることで、出力が切り替わることに由来している。
シュミットトリガは、このしきい値を、入力信号に対して2つ持っている。入力信号の電位が高いしきい値を超えると、論理Hの電位を出力する。一方、入力信号の電位が低いしきい値を下回ると、論理Lの電位を出力する。
更に、入力信号の電位が、低いしきい値と高いしきい値の間にある場合は、直前の出力電位を保持する。ヒステリシスとは、この2つのしきい値による動作のことである。一般的には、ヒステリシスは状態の記憶のことを指すので、これを持って変化するシュミットトリガは、メモリの一種であるとも考えることができる。
シュミットトリガの主な役割は、入力信号の揺らぎ、すなわちノイズを除去することで、しきい値が1つのみの回路においてはノイズが増幅されてしまうのに対し、しきい値を2つ持つシュミットトリガでは、これを減少することが可能となっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る