プログラミング の システムコールに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

システムコール

読み方、または別称:しすてむこーる

システムコールとは、オペレーティングシステムの機能を呼び出すために使われる機構のことである。プログラミングにおいては、その機能は関数の呼び出しによって実現されるので、OSの備える関数のことを指す場合もある。
ちなみに、μITRONではサービスコールとも呼ばれている。さらにOSのことをスーパーバイザと呼ぶこともあり、そういったことからスーパーバイザコールと呼ぶ場合もある。 現代のプロセッサには、一般的にいくつかの特権状態で命令を実行するため、2つのレベルを持っているシステムでは、通常ユーザーモードとスーパーバイザモードと呼んでいる。
これらは、セキリュティと安定性を保つために、オペレーティングシステムがその管理下で動作するプログラムの操作を制限するために実行する。こういった制限を受けた操作は、ハードウェア機器へのアクセスや割り込みの可/不可の変更など、さまざまな操作がある。
また、このような複数の特権レベルを持っているシステムを開発する場合、低い特権レベルから高い特権レベルまでの制御を安全に転送する機構が必要となる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る