情報科学 の システムイメージに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

システムイメージ

読み方、または別称:しすてむいめーじ

システムイメージ(英語でsystem image)ファイル形式で格納されたコンピュータまたはソフトウェアのシステムの状態を指す。システムイメージはシステムを一旦停止させた後で同じ状態に回復するために使うか、バックアップのために使用する。
一般的にシステムイメージには、コンピュータシステム全体のイメージ(タイプ1)と特定のプログラムなどのシステムのある部分のイメージ(タイプ2)がある。
タイプ1のイメージは通常、他の場所のファイルにコンピュータの大容量記憶装置の内容をコピーすることで作られ、多くの場合プログラムはディスククローンプログラムである。
これに対してタイプ2のイメージは多くの場合永続性と関連した専用の目的を持っている。例えばデータベースマネージメントシステム(DBMS)があり、ほとんど全てのDBMSは閉じられる前に、データベースかデータベースの状態をファイルに蓄えることができる。すなわち、DBMSは、データベースの情報そのままを後でリスタートすることができる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る