コンピュータの形態 の サーボ機構に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

サーボ機構

読み方、または別称:さーぼきこう

サーボ機構(サーボきこう)とは、物体の位置・方位・姿勢などを制御量とし、目標値に追従するよう自動作成する機構のことである。ファクトリーオートメーションやロボット分野では欠かせない技術で、コントローラがサーボアンプを通し、サーボモータを制御しその状態を確認してから制御部にフィードバックする。
サーボ機構を応用しているものは、ファクトリーオートメーションやロボットの他に、精密機器や情報機器、医療機器、航空機、ラジコンなどがある。ファクトリーオートメーションとは、工場の生産工程の自動化を図るシステムのことで、人間が行っていた作業を無人化することを意味している。無人化にし産業用ロボットを多用することで、人間による作業ミスを削減し、作業効率や人間に対する安全性の向上を図ることができる。
サーボ機構は、自動車のブレーキ踏力を補助する「倍力装置」にも使われており、JIS Z 8121はオペーレーションズリサーチ用語の「サーボ機構」、JIS B 0185は知能ロボット用語における「サーボ機構」になる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る