IT産業用語辞典 の サードパーティに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

サードパーティ

読み方、または別称:さーどぱーてぃ

サードパーティ(third party)とは、第三者団体(企業、機関等)のこと。コンピュータ部品・周辺機器・ソフトウェア等のメーカーにおいてのサードパーティーとは、他社のOSや機器などに対応する製品を作っているメーカーのことであり、それらのメーカーが製造・販売している製品をサードパーティー製品、または非純正品と呼ぶ。ちなみにコンピュータ本体のメーカーが製造・販売している製品は純正という。
サードパーティー製品は、元の機器を製造したメーカー自身が製造した対応製品(純正品)に比べて、一般的にさまざまな機能や性能の幅広いバリエーションの製品が用意され、価格も安い。
サードパーティー製品は、特定機種との互換性や接続性を検証して、その動作を保証している製品もあるが、本体となるコンピュータメーカーでは、直接の取引関係に無いメーカーの製品に対して、互換性や接続性の検証は行われない。そのため、サードパーティー製品の利用によって故障することがあっても、修理保証が利かないケースもある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る