家電/AV機器 の コンポーネント端子に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コンポーネント端子

読み方、または別称:こんぽーねんとたんし

コンポーネント端子(component connector)とは、コンポーネント映像信号を伝送するための端子のこと。色差端子(しきさたんし)とも呼ぶ。ここでいうコンポーネント映像信号(Component Video Signal)とは、輝度信号、同期信号、色信号をそれぞれ分解して使えるようにしたものである。
なお、輝度信号や同期信号、色信号とは、テレビジョン映像を主に構成しているものである。コンポーネント端子が開発された主な目的は、ハイビジョンテレビなどで使用されている1080p・1080i・720pや、DVDなどで使用されている480pなど、従来からすると高品質な映像信号を分離や合成などをすると、余分な過程がうまれて信号の劣化等を招いてしまう。そこで、このような劣化等を防ぐために、コンポーネント映像信号をそのまま伝送できるように、コンポーネント端子が開発された。
この端子の形状はRCA端子と同じであり、Y・B-Y・R-Yの3つの端子が存在する。この場合、Yは輝度、及び同期信号、B-YとR-Yは色差信号のことである。これら3つの端子の形状は全て同じであるため、接続上の区別のためケーブルやコネクタは、Yを緑、B-Yは青、R-Yは赤と色分けされている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る