ITと社会用語辞典 の コンピュータ・リテラシーに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コンピュータ・リテラシー

読み方、または別称:こんぴゅーたりてらしー

コンピュータ・リテラシーとは、コンピュータを操作し、目的の作業を行い、必要な情報を得る知識と能力を持っているものである。さらには、コミュニケーション能力全般を指し、現在ではコミュニケーションに関わる特定の分野で、処理能力を指すようになった。
コンピュータが普及しはじめた当初、プログラム言語に関する読み書き能力を持つことと、コンピュータの技術的な専門知識を持っていることを指していた。しかし情報化社会による急速な進展によって、専門的知識を持つことではなく、日常生活でコンピュータを操作し、目的を達成する能力を指すようになった。
また昨今では、特に“インターネットを用いた情報取得方法”や“その情報が真実であるかを確かめ、情報取捨選択する能力”という意味合いも含んでいる。その為、情報・リテラシーとはっきりと区別はされていない。関連の言葉ついて、「メディア・リテラシー」というものもある。
これは、情報メディアを主体的に読み解き、必要な情報を引き出し、それを真実であるかどうか見抜き活用する能力を意味する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る