情報科学 の コンピュータ・アーキテクチャに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コンピュータ・アーキテクチャ

読み方、または別称:こんぴゅーたあーきてくちゃ

コンピュータ・アーキテクチャ(computer architecture)とは、コンピュータにおける論理的な構造や方式、基本設計の概念のことである。アーキテクチャとは建築という意味の英語で、それがコンピュータにおいても使われるようになり、設計思想などと訳されるようになった。
コンピュータ・アーキテクチャという言葉は、IBMが1983年にリリースしたコンピュータのSystem/360で初めて使われ、そのときはプログラマからみたインタフェースのことであり、コンピュータシステムの周辺機器を含まないハードウェアを指していた。
しかし現在はコンピュータの基本設計や設計思想、広くは実装例についてもアーキテクチャという言葉が使われるようになって、システムアーキテクチャやエンタープライズアーキテクチャ、ソフトウェアアーキテクチャなどといった用語がある。
アーキテクチャはシステムの各階層ごとに定義されることがあるが、単にアーキテクチャといった場合、プログラマにとってはマシン語の形式と実行や命令やデータの記憶、通信制御などにおける演算器とレジスタの構成を意味する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る