情報科学 の コンピュータビジョンに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コンピュータビジョン

読み方、または別称:こんぴゅーたびじょん

コンピュータビジョンは簡単な言い方をすれば、ロボットの目を作る研究分野で、この分野はコンピュータが実存の情報を取得する全ての過程を扱う。
そのため、画像センシングのためのセンサなどのハードウェアから情報を認識するための人工知能的理論まで幅広い分野で研究がなされている。また、最近ではコンピュータグラフィックスとコンピュータビジョンの融合がかなりの注目を集めている。
したがって、コンピュータビジョンの研究対象は極めて多岐にわたり、画像センサ、カメラ、レンジファインダ、2次元画像処理では背景差分法、フレーム間差分法、オプティカルフロー、動きベクトル、3次元画像処理ではステレオ法、エピポーラ幾何、Shape from X、因子分解法 、認識・識別ではNN法、k-means法、ニューラルネットワーク、情報提示ではバーチャルリアリティ、複合現実感・拡張現実感などがある。
これらの技術はロボットビジョン、ウェアラブルコンピューティングなどとも深く結びついており、また、知識としては信号処理、線型代数などが必要になる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る