CD の コンパクトディスクに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コンパクトディスク

読み方、または別称:こんぱくとでぃすく

コンパクトディスク(Compact Disc)とは、デジタル情報を記録するためのメディアのことで、光ディスク規格のひとつである。レコードの代わりに音楽を記録し、現在ではコンピュータ用のデータや派生規格の普及で、音楽以外のデジタル情報もコンパクトディスクに記録されるようになった。
コンパクトディスクの外見は、直径12cmまたは8cmで、厚さは1.2mmの円盤状となる。プラスチックで作られており、その素材は一般的なものでポリカーボネートである。他にも、APOやガラスを使用したコンパクトディスクもある。
読み取りには、780mmの赤外線レーザーを用いており、照射したレーザーの光の反射を読み取る。主な構造は、上から順に印刷層・保護層・反射・記録層・樹脂層で、記録層の部分は印刷面から10μm、樹脂層からは約1.2mmのところにある。
その為、印刷面からの衝撃に弱いというデメリットがあり、鉛筆やボールペンなど、ダメージの強いもので書くことは音飛びなどの原因になり不向きである。印刷面には、フェルトペンで書くなど、フェルト以外の油性マーカーでの記入はオススメしない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る