開発環境 の コンパイルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コンパイル

読み方、または別称:こんぱいる

コンパイル(compile)とは、プログラミング言語で記述されたソースコードを、コンピュータが解釈できる機械語としてのオブジェクトコードに変換することである。
この変換作業を行うソフトウェアをコンパイラといい、コンパイルによって機械語に変換されるプログラミング言語のことをコンパイラ型言語と呼ぶ。
コンパイルの作業はソースコードを一括して変換するが、変換時にはオブジェクトコードの実行は行われない。オブジェクトコードはプログラムの実行時に直接読み込まれ、そして実行される。
コンパイラ型言語に対して、人間がプログラミング言語で記述したソースコードを、コンピュータが実行できる機械語の形式(オブジェクトコード)へと逐次翻訳しながら、そのプログラムを実行してゆくプログラムのことをインタープリタ型言語といい、BASICやLisp、JavaScriptといったプログラムがこれにあたる。コンパイラ型言語はインタープリタ型言語に比べても実行速度が速いのが特徴である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る