開発環境 の コンパイラに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コンパイラ

読み方、または別称:こんぱいら

コンパイラ(compiler)とは、プログラミング言語で書かれたプログラムを、コンピュータが機械語のプログラミングに変換するソフトウェアのことである。機械語のプログラムは、直接実行可能である。また、その工程を“コンパイル”と呼ぶ。
Visual Stadioなどでは、“ビルド”と呼ばれている。概念としては、ビルドはコンパイルの過程のひとつになる。コンパイル前のプログラムは「ソースコード」(原始コード)、その反対のコンパイル後のプログラムを「オブジェクトコード」(目的コード)と呼び、区別する。
コンパイルされた機械語ログラムの実行は、インタプリタを介した実行より高速だが、その反面、開発時に動作テストで比較的時間のかかるコンパイル作業が必要になる。また、コンパイラが出力するオブジェクトファイルは、実行するコード以外に外部から呼び出しをするための名前と、実行開始位置をセットした情報を持っている場合があり、外部からコード参照が可能である。
場合によっては、実行できるソフトウェアにするため、他のオブジェクトファイルリンクする必要がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る