オブジェクト指向 の コンストラクタに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コンストラクタ

読み方、または別称:こんすとらくた

コンストラクタ(Constructor)とは、C++言語やJava言語などのオブジェクト指向言語で作成したプログラムにおいて、データとそれを操作するための手続きを一体化した「オブジェクト」の生成時に呼び出される特殊な関数である。オブジェクトが扱うデータの初期化などをここで行う。
「構築子」と訳される場合もある。オブジェクトの生成は、メモリの割当(allocation)と初期化(initialization)の二段階を経て行われる。コンストラクタを持つ言語では、通常、アロケーション(メモリ割当)は言語機能に組み込まれ、初期化用のコードのみを記述する。Java、C++、PHPなど、クラスベースのオブジェクト指向言語では、コンストラクタはクラスのメンバとして定義される。
JavaScriptプロトタイプベースのオブジェクト指向言語であるため、クラスは存在せず、new付きで通常の関数を呼び出すことで、コンストラクタとして動作させることができる。コンストラクタの対義語であるデストラクタ(destructor、消去子)は、オブジェクトを消去する際に呼び出されて後処理などを行なう関数、メソッドである。
特にC++では安全なリソース管理を実現するための重要な役割を担っている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る