トランザクション処理 の コミットに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コミット

読み方、または別称:こみっと

コミット(commit)とは、トランザクション(データベースにおける一連の更新処理)処理が成功したときに、その結果を確定させることである。
トランザクション処理の結果は「すべて成功」、もしくは「すべて失敗」のどちらかであり、処理がすべて終了しなければ成功か失敗かを判断することができない。
例えば、資金移動システムをコンピュータで処理する場合、出金処理と入金処理は「どちらも成功」か「どちらも失敗」のどちらかであることが要求される。出金・入金双方の処理がどちらも成功して、資金を本当に移動させることが決定される。この資金移動がコミットである。
データベースの更新は、コミットされ、トランザクションにおける処理が確定されてから行われる。何らかの理由でトランザクションの途中で不都合があった場合、それまでの更新を無かったことにすることを、アボート(abort)やロールバック(roll back)といい、コミット後は、それまでの更新をロールバックすることはできない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る