ユーザインターフェース の コマンドラインに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コマンドライン

読み方、または別称:こまんどらいん

コマンドラインの正式名称は、コマンドラインインタプリタ(以下、コマンドライン)と呼ぶ。コマンドラインはユーザが入力した文字列を読み取ってオペレーティングシステムプログラミング言語へ橋渡しをする。
コマンドラインによって実現されるユーザインタフェースは、たくさんのコマンドパラメータ、相互対話式のプログラミング言語を知ることをユーザに要求する。代わりに有効なコマンドを発行する環境をユーザに与える。1960年代からこのかた、ユーザとコンピュータの相互対話といえばキャラクタユーザインタフェースかコマンドラインインターフェースを表していた。1970年代になりグラフィカルユーザインターフェースが開発され文字によるコマンドの代わりに図形によるオペレーションを始めた。コマンドラインよりも覚えるのが簡単だったのでグラフィカルユーザフェースは主流になったがコマンドラインは今でも使われている。
REXX、Perl、Pythonなどのeva関数を持つスクリプト言語は他のいくつものコマンドラインに実装することができる。それらは、MS-DOS等には自身が持つコマンドラインインターフェースよりもより柔軟なコマンドラインインターフェースを提供する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る