言語 の コボルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コボル

読み方、または別称:こぼる

コボル(COBOL)とはCOmmon Business Oriented Language(汎用の商業目的言語)の略で、FORTRANに次いで最古のプログラムの1つである。米政府の情報システムに使用する標準言語を策定した委員会であるCODASYL委員会によって制定された。
COBOLは、記述が英文に近い構造になっているために、汎用性が高い事務処理計算用言語であり、企業の会計処理やデータセンターの計算機のプログラムとしてよく利用されている。
またCOBOLは、事務処理などの一括処理がしやすく、信頼性や保守性、堅牢性が優れているおり、さらに比較的言語の習得が容易であったり、規格統一が図られているため他OSへの移植が容易などの特徴がある。
COBOLは、科学技術計算向けのプログラム言語であるFORTRANに次いで、国際的な標準化が行われた古いプログラム言語であるが、可読性が高いこと、プラットフォームの依存性が低く、修正等の保守作業は容易であるといったことから、誕生から半世紀経過している現在も継続的に利用されており、現在、稼動しているCOBOLによるコードは2000億行以上あるといわれている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る