設計/構造 の コプロセッサに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コプロセッサ

読み方、または別称:こぷろせっさ

コプロセッサ(co-processor)とは、電子計算機システムにおいて、CPUの補助を行い、計算機の性能を向上するのに寄与することを目的とした装置で、コ・プロセッサと表記される場合もある。コプロセッサは副処理装置のことでもあり、FPUやNDPなどの数値演算処理装置が、初期にもっとも発展した。
接続形態としては、CPUとの直接接続やIOプロセッサ方式、共有記憶方式などがある。“co-”は“co-pilot”(副操縦士)などの用例があるが、「副次的な」という意味の接頭語になる。
コプロセッサは、主処理装置の性能が低い超小型電子計算機や、個人用電子計算機に多く搭載されており、「数値演算コプロセッサ」「画像処理装置」「IO処理装置」「MMU」「DMAプロセッサ」などがあるが、これらをコプロセッサと呼ぶかはインターフェース形式やソフトウェアのプログラミングモデルなどの状況に依存する。
関連として、チャネル・コントローラがある。周辺機器とメモリ間のデータのやり取りを制御する単純なCPUで、設計の洗練度によって「周辺プロセッサ」や「DMAコントローラ」と呼ばれている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る