権利保護 の コピーワンスに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コピーワンス

読み方、または別称:こぴーわんす

コピー・ワンス(Copy Once)とはコンテンツを1世代(つまり1回)だけコピーできる(Copy One Generation)仕組みのことである。
このコピーガード的な機能は、2004年(平成16年)4月5日からBSデジタル放送地上デジタル放送ですべての番組に適用されていたが、2008年(平成20年)7月4日からのダビング10で、BSデジタル放送の有料放送やほとんどのCSデジタル放送のみとなった。
なお、デジタル・アナログ変換での一部のCATVアナログ波の再放送でも、コピーガードに引っかかるプログラムがある。
コピーワンスでは、ハードディスク(HDD)に録画した番組を2枚のDVDにコピーすることはできない。また、ムーブの途中で作業に失敗すると、全てのコンテンツを失ってしまう。さらに、ムーブ先のメディアからさらなる別のムーブができないため、コンテンツをより新しい世代の規格などに移行することはできない。
ただし、2010年頃からリライタブルメディアからHDDへの書き戻しに対応するレコーダーが発売され、一部規制が緩和されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る