パソコン用語辞典 の コネクタに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

コネクタ

読み方、または別称:こねくた

コネクタ(connector)とは、コンピュータと周辺機器、電子機器などを接続したり、光通信において配線を接続するために使用される電子部品の1つ。特別な工具などを用意しなくても簡単に脱着することができる。
電気を流すためのコネクタは金属製の端子を樹脂などの絶縁体で固定したもので、リン青銅・ベリリューム銅・黄銅を材料として酸化防止用メッキが施されて電気信号を伝えるコンタクトピンと、インシュレータという電気を絶縁する部品から構成されている。また、光信号を通すためコネクタではガラスやプラスチック製のものがある。コネクタの両端の接続部は、凸になっているオスと、凹になっているメスという形状になっている。
コネクタには、コンピュータ用コネクタ、通信用コネクタ、音声・映像用コネクタ、電源用コネクタなど様々な種類があり、接続する装置や電子部品ごとにコネクタの形状や規格が決められている。
なお、システムやソフトウェアにおいても、ソフトウェア間の仲立ちをしたり、異なる環境にあるデータの閲覧や操作できるようにするソフトウェアなどのことをコネクタという場合がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る