情報科学 の ゲートアレイに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ゲートアレイ

読み方、または別称:げーとあれい

ゲートアレイ(英語で gate array)は、ASICの設計・製造手法で、別名の ULA(Uncommitted Logic Array)も同義である。
ウェハ上に標準のNANDゲートやNOR等の論理回路、単体のトランジスタ、抵抗器などの素子や部品をある一定の決まった形で配置し、その上に配線層を加えてそれぞれの部品を配線し半導体回路を完成させる。
ゲートアレイの製造過程では、常に大量にマスタスライスと呼ばれる論理ゲートなどの素子を作り込んだ半完成状態までのウエハを保有しておき、顧客からの注文でそれぞれ異なった配線が決定され、マスタスライスの上層として金属配線層を追加で構築して半導体製品として完成させる。
したがって、ある回路をゲートアレイ上に配置するには、論理ゲート数や配線スペースやIOなどが十分でなければならない。そのため、ゲートアレイはバリエーションを揃えたファミリとして用意されることが多く、論理ゲート数の多いものはダイサイズが大きくなるので、その分だけ高価になる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る