CATV の ケーブルモデムに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ケーブルモデム

読み方、または別称:けーぶるもでむ

ケーブルモデムとは、ネットワーク・ブリッジモデムの一種で、ケーブルテレビの基盤上で、高周波チャンネルを経由し、双方向のデータ通信を実現するものである。ケーブルテレビのネットワークが持っている高帯域幅を利用し、ブロードバンドインターネット接続を提供するために用いられている。
オーストラリアやヨーロッパ、北アメリカなどで広く普及されており、アメリカ合衆国だけでも2009年中ごろから多くの人がケーブルモデムが使われるようになった。ケーブルモデムは、IEEE 802.1Dに準拠したネットワークブリッジで、イーサネットのネットワークケーブルと接続する。
要するに、利用者のLANとケーブルネットワークの間でイーサネットのフレームを橋渡しする役割がある。またデータをケーブルを通して伝送するには、変調が必要となる。その為、ケーブルモデムはモデムとしても機能している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る