ITと社会用語辞典 の グレイコードに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

グレイコード

読み方、または別称:ぐれいこーど

グレイコード(Gray code)はデジタル回路用の数値符号で、特にアブソリュートロータリエンコーダーのセンサー出力などに用いられる符号である。
因みに、交番二進符号と言う呼び名はベル研究所のフランク・グレイが1947年の特許出願書で使用したのが最初であるが、1953年に提出した特許出願書ではフランク・グレイの名前をとってグレイコードと呼ばれている。
グレイコードは、ある値から隣接した値に変化する際に、常に1ビットしか変化しないという特質が利用される。2進数では隣接する値に移行する際に変化するビットの数は1以上である。つまり、3から4に変化する場合、2進数では011から100に、3ビットの変化が起こる。
絶対的な角度をデジタル値で出力するアブソリュートロータリエンコーダーの機械的な接点で電気信号のオン・オフを行い、2進数形式でのデータ出力をした場合、誤ったデータが得られることがある。しかし、グレイコードでは隣接値への変化の際に、常に1ビットしか変わらないので、どのようなタイミングで読み出しても、データの値は以前の値か次の値であり、偽の間違ったデータが生成されることはない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る