拡張カード の グラフィックスボードに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

グラフィックスボード

読み方、または別称:ぐらふぃっくすぼーど

グラフィックスボードとは、パソコンなどの各種コンピュータにおいて、映像を信号として入出力する機能を、拡張カードとして独立させたものである。カードに搭載されているチップメモリによって、描画速度や解像度、3D性能などが異なる。
多くの機種では、ビデオ回路がマザーボード上には実装されていないため、グラフィックスボードでの拡張が簡単にできる。しかし現在では、ウェブサイトの閲覧や電子メールのやり取り、オフィス作業など日常的な作業では支障がない程度の性能を備えた表示回路を組み込んだチップセットマザーボードが増えている。
また、安く買えるパソコンでは、グラフィックスボードを搭載していないオンボードグラフィック機能が使われる。このため、高速な3D表示性能やマルチディスプレイ機能を目的として追加される場合も多く、UMAによる性能低下を避けるためにグラフィックスボードを追加する場合もある。
一般的なPC/AT互換機用グラフィックスボードは、「ビデオメモリ」「UMA」「内部インターフェイス」などで構成される。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る