情報科学 の クロージャに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

クロージャ

読み方、または別称:くろーじゃ

クロージャ(クロージャー、closure、閉包)とは、プログラミング言語における関数の一種で、引数以外の変数は実行時の環境ではなく定義された環境において解決する。また、関数とそれを評価する環境のペアでもあり、この概念は1960年代のSECDマシンまで遡る。
典型的なクロージャは、関数全体が他の関数の内部で宣言された場合に発生する。この時、内部の関数はエンクロージャのローカル変数(レキシカル変数)を参照し、実行時に外部の関数が実行された時、クロージャが形成される。
よって、クロージャは内部関数のコードとエンクロージャのスコープ内で必要となる変数の参照からなっている。クロージャはさまざまな用途に使われる。なかでも、ライブラリの設計者はクロージャ関数への引数として渡すことで、利用者が挙動をカスタマイズできたり、遅延評価されているため、制御構造の定義に用いることができる。
クロージャを持っているプログラミング言語は、Scheme、Common Lipsなどを主に、PerlやPython、Rubyなどもクロージャを持つプログラミング言語になる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る