ネットワーク の クラックに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

クラック

読み方、または別称:くらっく

クラックとは、「裂け目」「ひび割れ」を原義とし、さまざまな意味合いがある。多くは工業用語として使われ、成形された部品や建築物の壁などにひび割れが発生した状態のことを指す。また、材料工学におけるものは亀裂、塗料を厚く塗るか、収縮率の異なる塗料を重ね塗りし、家具などにわざとひび割れ模様を作るようにする技法もある。
他には、コンピュータを不正利用する技術も「クラック」と呼ぶ。これらは悪意を持って他人のコンピュータに侵入し、データやプログラムを盗用する。なかには、改ざんしたり、破壊を行う場合もある。多くはインターネットを通して外部から侵入し、クラックを行う。
こういった行為をする者を、「クラッカー」とも呼ぶ。いわゆる、“ハッカー”のことである。しかし中には、企業側から依頼され、意図的にシステムに侵入するプロフェッショナルなクラッカーも存在する。クラックというとどうしても悪意のある行為と思われがちだが、正しい意味でのハッカーからは反感を買っている。
その為、正しい意味でのハッカーを「ホワイトハット・ハッカー」、クラッカーを「ブラックハット・ハッカー」と区別している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る