文字コード の キャリッジ・リターンに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

キャリッジ・リターン

読み方、または別称:きゃりっじりたーん

キャリッジ・リターン(carriage return)は、テレタイプ端末の Baudot Code の制御文字を指す用語で、文章の行の終わりから行の最初に戻す復帰コードで、その際に改行コードは含まれない。
すなわち、タイプライターで一行の文章を打ち込んだ後で、紙を固定するキャリッジを次の行の先頭に移動させ、次の行に文字をタイプできるように戻して改行するメカがキャリッジ・リターンである。
キャリッジ・リターンは通常はレバーを手動で行うが、これを電動で操作できるようになったのは、1960年代のスミス・コロナ製電動タイプライターが最初である。電動タイプライターで、このためのキーには carriage returnあるいはreturnと書かれていたが、後に「_」(リターン記号)が刻印されるようになった。
パソコンなどでは、キャリッジ・リターン (CR) はASCII、Unicode、EBCDICの制御文字の一種で、プリンターやでディスプレイカーソルを行の先頭位置に移動させることを意味する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る