システム開発 の キャパシティプランニングに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

キャパシティプランニング

読み方、または別称:きゃぱしてぃぷらんにんぐ、capacity planning

キャパシティプランニングとは、新規のシステム開発や既存システムの改修などの際に行なう作業で、システムのサービスレベル要求やサービス需要などから、システムのリソースや性能などを見積もり、最適なシステムの開発・増強の計画を作成することである。

システムに求められるキャパシティ要件として、ビジネスレベル(データ処理需要、同時利用ユーザー数、同時セッション数など)、サービスレベル(トランザクション量、ネットワークトラフィック量、応答時間など)、リソースレベル(CPU利用率、ディスク利用率、ネットワーク利用率など)を検討し見積もりをする。この際、現状の最大負荷だけでなく、将来予測される最大負荷時にもサービスの水準を維持できるような設計を検討する必要がある。
 キャパシティ要件の見積もりに対して、システムを構成するリソース(ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなど)の性能や数量、配置を割り出し、コスト上の制約を踏まえてリソース調達やシステム増強・再配置の計画を作成することで、安定的なシステム運用を実現しようとするものである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る