グラフィックス の ガンマ補正に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ガンマ補正

読み方、または別称:がんまほせい

ガンマ補正とはパソコンの画面を調節してより本物の色に近い色を出そうとする補正のことである。ガンマは1に近くなればなるほど本物の色に近くなる。通常パソコンやテレビなどでは出力される情報は本物とは少し違う色で出力される。これは、機械のクセのようなものであり、ガンマ特性と呼ばれる。どのくらい1と違っているか具体的な数字をガンマ値と呼ぶ。
プリンタを使って写真等を印刷する場合ガンマ特性を把握していないと元の色とは違った写真が撮影される。この場合ガンマ特性を保存しておくカラープロファイリングをおこなう必要がある。ガンマ特性やガンマ値は使われる機械によってディスプレイガンマやモニタガンマなどの名前で呼ばれる。ガンマ値を修正してより見やすくするそのため、ガンマ補正は必要になる。
ガンマ補正を行う具体的方法は、ソフトウェアで行う方法とディスプレイに合わせる方法がある。ディスプレイに合わせる方法は閲覧者のガンマに近づけることや、自分の環境独自のファイルガンマを修正することによって行われる。以前は増幅器を使っていたが今は画面上の処理で行う方式が一般的である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る