業務システム の ガントチャートに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ガントチャート

読み方、または別称:がんとちゃーと

ガントチャートとは、作業やスケジュールを管理するため、進行状況を表にしたものである。縦軸には作業、横軸に時間をとり、それぞれ比例した長さを棒状に表すものである。一目で作業の始まりと終わりがわかるため、各人のスケジュール把握が簡単に行いやすい。
これはアメリカのガント氏がスケジュールを視覚的に捉えるために作られたもので、彼の名前からガントチャートと呼ばれている。スケジューリングシステムの基本的表示方法として、各業界で採用されている。
特に土木・建築現場においての工程管理では当たり前の存在で、IT関係の場合は、バーチャートとも呼ばれる。大きくタスク・ガントチャートとリソース・ガントチャートに分けられる。棒グラフが主な表示になる前者と後者は作業割り当てや可動の進み具合を表したものである。最近では、マイルストーンを書き入れたマイルストーンチャート、補助線を加えたものなど、オリジナルなガントチャートも現れている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る