ファイル形式 の カンマ区切りに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

カンマ区切り

読み方、または別称:かんまくぎり

カンマ区切りとは正式にはComma-Separated Valuesのことで、いくつかのフィールド(項目)をカンマ「,」で区切ったテキストエータまたはテキストファイルを指す。拡張子は、「.csv」。MIMEタイプでは「text/csv」となる。略称はCSV。Microsoft Exelでは、「CSV(カンマ区切り)」と呼称している。
古くから多くの表計算ソフトデータベースソフトなどで使われており、細かい部分はソフトによって異なるが、データ交換用のデファクトスタンダードとしてはよく使われている。類似したフォーマットとして、タブ区切り(Tab-Separated Values)や半角スペース区切り(Space-Separated Values)、これらをまとめて「Character-Separated Values」「Delimiter-Separated Values」とも呼ばれている。
カンマ区切りテキストは、テキスト形式で保存されるため、テキストエディタでも閲覧や編集が可能となる。さらには、使用するソフトウェアがカンマ区切りテキスト出力と、読み込みから表への生成に対応している場合は、別製品の表計算ソフトからデータ交換もできる。
しかし、「テキスト形式」や「日付形式」などの各項目に設定している属性には出力されない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る