ファイルシステム の カレントディレクトリに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

カレントディレクトリ

読み方、または別称:かれんとでぃれくとり

カレントディレクトリ(current directory)とは、階層型ファイルシステムを使用している場合に、プロセスが現在関連付けられているディレクトリのことである。これは、コンピューティング分野におけるもので、他に現行ディレクトリともいう。
これを表示されるためには、UNIXでは「pwd」、MS-DOS/Windowsでは「cd」のコマンドを用いる。カレントディレクトリを基準にして相対パスを入力する際には「./(目的のディレクトリまでの相対パス)」という体裁を取るが、これは、カレントディレクトリが「.」という絶対パスで表されるという慣例があるためである。
例えば、UNIXのコマンドラインで、「./bin/xedit」と入力すると、このコマンドは「カレントディレクトリの直下になる『bin』というディレクトリから、『xedit』というファイルを探して実行する」というふうに解釈をすることになる。
なお、絶対パスとは最上位階層から目的のファイル、もしくはフォルダまでの全ての道筋を記述する方式のことで、相対パスとは、起点となる現在の位置から目的のファイルやフォルダまでの道筋を記述する方式のことである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る