プログラミング用語辞典 の カリー化に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

カリー化

読み方、または別称:かりーか

カリー化(currying)とは、計算機科学分野における技法の1つのこと。考案したのは、Moses Schnfinkel とゴットロープ・フレーゲであるが、カリー化の名称は、論理学者ハスケル・カリーの名前にちなみ、Christopher Stracheyによって名付けられたものである。
カリー化は、複数の引数を取る関数を、「もとの関数の最初の引数」を引数、「もとの関数の残りの引数を取り結果を返す関数」を戻り値とする関数にする技法で、直感的には「関数の複数引数を、1引数ずつ順に、バラバラにする」ということである。
カリー化を実行する現実の理由としては、複数引数ある関数の引数の一部だけに実行数を適用する操作、すなわち部分適用を行いやすくすることなどが、その1つとして挙げられる。例えば、インクリメント用の関数を作る場合、加算を行う関数(+)をカリー化し、最初の引数のみに1を適用することによって、この作業を容易にすることができる。
理論計算機科学の分野においては、カリー化を利用することによって、ラムダ計算のような1つの引数のみを取る複数の関数を、単純な理論的モデルと見なして研究することが可能となる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る