オブジェクト指向 の カプセル化に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

カプセル化

読み方、または別称:かぷせるか

カプセル化とは、オブジェクト指向のコンセプトで、オブジェクトの内部にあるデータを隠したり、あるいはオブジェクトの動作を隠したり、オブジェクトのインスタンスを隠すことである。ただし、実際にはデータ隠蔽はカプセル化の具体例であり、データ隠蔽のことではない。
カプセル化の利点は変更に対する強さである。例えば、色がRGB で保持されているとして、これがCMYK に変更されたとすると、外部のプログラムがデータに直接アクセスを行っている場合には、アクセスしているすべてを同時に変更しなければならない。しかし、オープンメソッドを用いていれば、変更は内部表現から外部表現へのオープンメソッドの中だけで、変更の影響は部分的で済む。
別の利点はコンセプトの抽象化で、すなわち、色というコンセプトには、内部表現がRGBでもCMYKでも問題ではなく、もし、必要であれば望む形式がとりだせる抽象的な色であることが望ましい。
さらに、その他の表現形式が追加されても色の意味は変化するべきではないので、表現形式と意味を分ける手段としてカプセル化は有効である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る