情報科学 の カオスに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

カオス

読み方、または別称:かおす

カオス(Khaos)とは、ギリシア神話に登場する原初神で、「大口を開けた」「空(から)の空間」の意味がある。『神統記』ではカオスに続いてガイア(大地)が、次に暗冥の地下の奥底のタルタロスと美しきエロース(原愛)が生まれた、とある。
また、カオスの子はエレボス(幽冥)と暗きニュクス(夜)で、ニュクスからアイテール(高天の気)とヘーメレー(ヘーメラー・昼光)が生まれた、ともある。この神話を冠したカオス理論(カオスりろん)Chaos Theoryは、力学系の一部の予測できない複雑な様子を示す現象を扱う理論で、カオス力学ともいうが、ここでの予測できないという意味は、ランダムということではない。
つまり、その振る舞いは決定論的法則には従うが、積分法による解答が得られないため、その未来(および過去)の振る舞いを知るには数値解析を用いざるを得ないことである。コンピュータ用語では、無限桁を扱えないために発生する数値解析の過程での誤差で、得られる値と真の値とのずれが大きくなるため、予測が事実上不可能であるという意味である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る