情報科学 の オープンコレクタに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

オープンコレクタ

読み方、または別称:おーぷんこれくた

オープンコレクタ(Open collector)とは、電子回路における出力方式の一種で、特定の電圧や電流を直接信号として出力するのではなく、NPNトランジスタをスイッチのように用いて出力をあらわすことである。
オープンコレクタの出力端子はトランジスタのコレクタであり、ベースには動作電流、エミッタはグラウンドに接続される。電圧レベルの変換が容易である、LEDなど小電力の負荷なら直接駆動できる、ワイヤード接続が可能であるといった特徴があり、主に集積回路(IC)やセンサーなどの出力部に用いられる。
オープンコレクタ出力には、出力トランジスタ動作時、電流を吸い込むNPN出力タイプ(カレント・シンク)と、電流を吐きだすPNP出力タイプ(カレント・ソース)の2種類があり、NPN出力タイプは電源+(プラス)とセンサ出力間に負荷を接続して用いる。日本においてはこのNPN出力タイプが一般的である。
一方、PNP出力タイプはセンサ出力端子と電源-(マイナス)間に負荷を接続して用いる。このPNP出力タイプは、センサ出力端子に接続された配線のどこかが何らかの要因で電源-(マイナス)と短絡(地絡)しても負荷が駆動されることはないため、安全上の観点からヨーロッパで多く用いられている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る