情報科学 の オーバーライドに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

オーバーライド

読み方、または別称:おーばーらいど

オーバライド(override)とは、オブジェクト指向プログラミング(OOP)において、スーパークラス(親クラス)で定義されたメソッドや関数を、独自の機能を用い、サブクラス(子クラス)のメソッドで定義のやり直しを行い、動作を上書きすることである。
利用例として、サブクラス(子クラス)で機能を追加する必要が生じた場合などが挙げられる。尚、オーバーライトを実行したことにより、サブクラスでオーバーライトしたメソッドが呼ばれるようになるためそれまでのスーパークラスメソッドが使用できないと思われることがあるが、「superフィールド」というフィールドを使用することで、それまでのスーパークラスメソッドの使用ももちろん可能である。
ただし、オーバーライドを可能にするためには、引数の型、引数の数が同じであることが必要である。故に、よく混同される類似用語のオーバーロードが、同一クラス引数の内容が違うことから、まったく異なる概念であることがわかる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る