情報科学 の オートマトンに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

オートマトン

読み方、または別称:おーとまとん

オートマトン(automaton)とは、「自動人形」を意味している言葉である。情報科学の分野においては、1.外から連続してる情報が入力される、2.内部に「状態」を保持する、3.外へ何らかの情報を出力する、などの特徴を持っている。
携帯電話を例にすると、キーを押すことでさまざまな機能を使えるが、その機能はキーと必ずしも1対1で連動してるわけではないということである。例えば、電話番号を入力中、「5」のキーを押したとする。そうすると、当然画面には5の数字が現れる。
しかし、日本語を入力中に「5」のキーを押すと、「な」と表示される。他にも、画面上のキャラクターが動いたり、他の機能が動作する場合も多々ある。このように、入力がなされた時点での“文脈”に対し複雑な解釈を行う仕組みをオートマンと呼ぶ。
オートマンの種類には、「有限オートマン」「プッシュダウン・オートマン」「線形拘束オートマン」「チューリングマシン」「生け垣オートマン」などがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る