マザーボード の オンボードに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

オンボード

読み方、または別称:おんぼーど

オンボードとは、マザーボード基板上に直接繋がれた形で提供されるデバイス、またはそのデバイスが提供する機能のことを指す。これは主に、パーソナルコンピュータ上においてのデバイス、機能である。「オンボ」などと略称で呼ばれることもある。
ただし、RS-232C通信コントローラやUSBコントローラなど、マザーボード上に搭載されたシステムチップセットによって実現されている機能の中でも、特に標準的となっている機能については、オンボードと称されないことも多い。
PC/AT互換システムが普及され始めた頃、システムの中核であるマザーボードの構成はごく簡単なもので、システムチップセット以外にCPU、及びメモリを搭載するためのソケットと、拡張カードを接続するためのISAスロットを搭載しただけのものであった。
しかし、後に半導体製造技術の発達に伴い、最も基本的な機能であるシステムチップセットへの結合が進められるようになった。これにより、それまで拡張カードがなければ使用することができなかった機能が、マザーボード上に実装されたデバイスのみで使用ができる機能、すなわちオンボード機能ができた。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る