OS用語辞典 の オペレーティングシステムに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

オペレーティングシステム

読み方、または別称:おぺれーてぃんぐしすてむ

オペレーティングシステム (Operating System) はしばしばOSと略されるが、平たく言えばコンピュータで、アプリケーションソフトウェアを動作させる目的の基本的なソフトウェアである。
広い意味のOSには、ウィンドウシステムやデータベース管理システム (DBMS) などがあり、さらにファイル管理ソフトウェアやエディタや各種設定ツールなどのユーティリティ、基本的なアプリケーションソフトウェアを含む。
オペレーティングシステム(OS)の主な目的は、ハードウェアの抽象化であり、次にリソースの管理、さらにコンピュータ利用効率の向上である。
ハードウェアの抽象化とは、平たく言えば統一的で単純化された利用方法をマシンに提供することで、抽象化で異なるコンピュータの動作を同じようにすることである。
リソースの管理とは、複数のアプリケーションソフトウェアを同時に利用する時に、互いに独立して動作できるようにリソース(資源)つまり各種データ、を管理することである。また、コンピュータの利用効率の向上とは、複数のタスクを同時に実行する時に、資源であるデータを割り当てる順番や処理の割り当て時間を考慮することである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る