コンピュータの形態 の オプティカルフローに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

オプティカルフロー

読み方、または別称:おぷてぃかるふろー

オプティカルフローとは、視覚表現の中で、物体の動きをベクトルで表したものである。視覚表現は、通常、時間的に連続するデジタル画像のことを指す。パターン認識コンピュータビジョンなど、他の画像処理技術において使われており、その抽出はブロックマッチング法などを用いる。
オプティカルフローで用いられるパターン認識は、自然情報処理のひとつで、画像や音声など雑多な情報を含んだデータの中から、意味を持っている対象を選んで取り出す処理のことである。一方コンピュータビジョンは、画像センサ(カメラ・レンジファインダ)や認識や識別(NN法・因子分解法)などの研究を対象としていることから、大雑把に言うと“ロボットの目”を作る研究分野のことを指す。
近年では、コンピュータグラフィックスとコンピュータ・ビジョンの融合が注目を集めている。画像センサや認識や識別などの技術は、ロボットビジョンやウェアラブルコンピューティングなどとも深く結びついている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る