情報科学 の オブジェクト指向プログラミングに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

オブジェクト指向プログラミング

読み方、または別称:おぶじぇくとしこうぷろぐらみんぐ

オブジェクト指向プログラミング(object-oriented programming)とは、プログラムを構成する技法のひとつで、相互にメッセージを送り合うオブジェクトの集まりである。この技法をサポートするプログラミング言語が、オブジェクト指向プログラミングである。
オブジェクト指向プログラミングには必ずしもそれを必要とするわけではないが、オブジェクト指向プログラミング言語の備えるクラスとその継承などの仕組みを利用するほうが、開発の効率は格段と向上する。
オブジェクト指向プログラミングとはオブジェクト機能の部品で、ソフトウェアを構成させたり、カプセル化インヘリタンス、ポリモフィズム、ダイナミックバインディングなどの機能や特徴を活用したプログラミング技法である。
ちなみに、カプセル化は「振舞いの隠蔽とデータの隠蔽」、インヘリタンスは「継承」、ポリモフィズムは「多態性」「多相性」、ダイナミックバインディングは「動的束縛」を意味する。この機能を文法的に提供するプログラミング言語を、オブジェクト指向プログラミングと呼ぶ。
これらの機能のうち、オブジェクト指向の考え方で不可欠となるのが、「カプセル化」である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る