プログラミング用語辞典 の オブジェクトコードに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

オブジェクトコード

読み方、または別称:おぶじぇくとこーど

オブジェクトコード(Object Code)あるいはオブジェクトファイル(Object File)とは、コンパイラソースコードを処理した際に作り出される中間的存在のコードのことである。なお、オブジェクトコードはバイナリで、コンパクトで構文が解析済みのコードである。このオブジェクトコードを適切にリンクすることで最終的な実行ファイルやライブラリを作成することができる。
ほとんど全てのオブジェクトコードは機械語で書かれているので、コンピュータのCPUが何の疑問和や不便さを感じないで指令や命令を直接実行できる。
なお、オブジェクトファイルにはオブジェクトコードに加えて、リンカが実行するファイルやライブラリを作成する場合に使用するリロケーション情報、あるいはプログラム内のシンボル情報やデバッグ情報などが含まれる。
オブジェクトファイルフォーマットには様々なものがあり、もともとコンピュータはそれぞれがオリジナルのフォーマットを持っていたが、UNIXや他の移植性の高いオペレーティングシステムが普及するに従ってCOFFやELFなどのフォーマットが定義づけられ、様々なシステムで使われるようになった。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る