コーディング の エンディアンに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

エンディアン

読み方、または別称:えんでぃあん

エンディアン(endianness)とは、多バイトデータ、すなわち基本情報記憶単位を超えるデータメモリ上に配置する方式の種類のことである。他に、エンディアンネス、バイトオーダなどとも呼ばれる。日本においての呼称としては、「エンディアン」という呼び方が一般的である。
しかし、このendianという用語そのものには「配置方式」「並び順」という意味は持っていない。また、リトルエンディアン、ビックエンディアンという名称もある。これはそれぞれ方式の名称であり、リトルエンディアンというものは、データの下位バイトから並べる方式のことで、例えば、1234ABCD(16進数)という4バイトデータをリトルエンディアン方式を使うと、「CD AB 34 12」と並べることになる。
一方で、ビックエンディアンとはデータの上位バイトからメモリに並べることで、同じく上記の16進数で例えると、「12 34 AB CD」となる。これらのうち、ビッグエンディアンは人間にとって直感的にわかりやすいというメリットがある。
一方でリトルエンディアンは、多倍長過算の起点が最下位バイトであることもあり、コンピュータによって処理がしやすいという利点を持っている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る