xDSL の エコーキャンセラに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

エコーキャンセラ

読み方、または別称:えこーきゃんせら

エコーキャンセラ(Echo canceller)とは、電話などで良い音質を確保するため、エコー(反響)を除去するシステムのことで、音質を高めると同時に、エコー除去でエコーがネットワーク内に発生するのを防ぐので容量の向上にもつながる。なお、エコーには音響エコー(acoustic echo)とハイブリッドエコー(hybrid echo)がある。
エコーの除去は、最初の声信号が遅延でダブって出現することを認識することから始め、エコーを認識した場合には、受信信号からエコーを除去する。通常、このためにはデジタルシグナルプロセッサ (DSP) を使うが、ソフトウェアを使うこともできる。
実際のエコー除去は、エコーサプレッサ(Echo suppressor)やエコーキャンセラ(英: Echo canceller)、あるいはこの両方を使って行われる。
電話で人が声を出すと、その一部が反射して話者に戻り、耳に入る。つまり、やまびこも同じ原理で、いわゆるやまびこ現象であるが、遅延が大きいほど耳障りになる。この現象を側音(sidetone)と呼び、人には耳障り程度で済むが、モデムにとっては放置できない大きな問題となる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る