システム開発 の ウォーターフォールモデルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ウォーターフォールモデル

読み方、または別称:うぉーたーふぉーるもでる

ウォーターフォールモデル(water fall model)は、現在においてはもっともポピュラーな開発モデルの一種である。ソフトウェア工学の分野では非常に古くからあるものとして存在している。開発プロジェクロを時系列に分割し、原則、前工程が完了しない限りは次工程に進まない、例えば設計中にプログラミングを行うなどの並行作業を行わないとする。
このようにすることで、前工程における成果の品質を確実に確保し、後に手戻りなどを行わない、もしくは最小限の作業とするようにするということが可能となる。なお、時系列とは、すなわち、要求定義、外部設計(概要設計)、内部設計(詳細設計)、開発(プログラミング)、テスト、運用などの作業工程に分割される。
これらのスケジューリングは、通常、「線表」、もしくは「ガントチャート」と呼ばれるものを使用する。ちなみに、ウォーターフォールモデルという用語は、1970年、W. W.ロイスによって発表された論文「Managing the Development of Large Software Systems」の内容を元にしたものとされている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る