ウイルス/ワーム の ウイルス対策ソフトに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ウイルス対策ソフト

読み方、または別称:ういるすたいさくそふと

ウイルス対策ソフトは英語でアンチウイルスソフトウェア(Anti-Virus Software)と言うが、コンピュータウイルスを検出し除去するためのソフトウェアで、このソフトウェアは一般にウイルス対策ソフトウェア、アンチウイルス、またはワクチンとも呼ばれるが、ウイルスソフトと言うと、ウイルスを含んだソフトウェアと解釈されるので注意を要する。
ウイルス対策ソフトはコンピュータに内臓されていて動作するかまたはユーザの操作により動作をするが、ウイルスの特徴をあらかじめ記録したデータファイルとコンピュータの内部でやり取りされるデータを比較し、ウイルスを検出する方法をパターンマッチング法と呼ぶ。
また、メモリ内仮想空間を作成してファイルをエミュレートすることで、その動作を検証してウイルスを検出する方法をヒューリスティック法と呼ぶが、コンピュータ内部でウイルスが発見された場合は、駆除を行い、駆除ができない場合は感染ファイルなどの隔離や削除を行うが、それができない場合は、感染元へのアクセスを遮断する。
なお、ウイルス対策にはユーザを対象とするものと、サーバを対象とするゲートウェイ型がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る