情報科学 の インフラストラクチャー・モードに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

インフラストラクチャー・モード

読み方、または別称:いんふらすとらくちゃーもーど

インフラストラクチャー・モード(infrastructure mode)とは、IEEE 802.11無線LANの動作モードのひとつである。各端末に設置された無線LANのアダプタが、アクセス・ポイントを介し通信し、互いが直接通信することはない。また、アクセス・ポイントを有線LANで結び、ネットワークを拡張するのも可能である。
このモードでは、CSMA/CA方式に加え、PCF(Point Coordination Function)を使ってアクセス・ポイントがアクセス管理するよう取り入れられている。その為、アドホック・モードと比較すると効率が良く、ひとつのLANに複数のアクセス・ポイントに接続され、それぞれ異なる範囲をカバーしている場合は、端末機が移動することで通信相手のアクセス・ポイントを自動的に切り換えることができる。
これを、ローミングという。ローミング(roaming)とは、携帯電話やPHSなど、事業者間の提携で利用者が契約しているサービス業者のエリア外であっても、提携先のエリア内であれば元の事業者と同じサービスを使えることを意味する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る