接続 の インバウンドに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

インバウンド

読み方、または別称:いんばうんど

インバウンドとは、「外から内に入ってくる」というのが基本的な意味である。それが転じて様々な所で使われている。例えば旅行である。外国人客を自国に誘致することをいう。日本においては外国から日本へ来る観光客のことを表す。逆に日本から外国へ行くことをアウトバウンドという。今の日本はアウトバウンドに対しインバウンドが極めて少ない状態である。外国人旅行者受入数は国際ランキング32位となっている。行政の対策として平成14年から「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2002」に従いビジットジャパンキャンペーンを行った。
ビジネスに使われる意味として、企業側が顧客からの来訪や電話を受け付ける形態の業務のことを指す。コールセンターなどの電話に応対する業務をインバウンド業務といったりする。
通信の分野ではあるコンピュータやネットワーク、ASなどに対する内向きの通信に使われる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る