業務システム の イントラネットに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

イントラネット

読み方、または別称:いんとらねっと

イントラネットとは、社内などの限定された場所でインターネットの技術を用いて相互通信するする技術である。低コスト化とベンダー独立性が期待できる。
イントラネットという言葉はインターネットという言葉が一般的になるにつれて広まった。当初は、メーカーごとのプロトコルであるLANWANFTPなどのインターネットで標準化しているプロトコルを取りこんでおこなっていた。システム構築の低価格化が狙いであった。
低価格化を進めるに当たりまず、コンピュータや端末機がモデルチェンジする際にインターネットで標準化されているインターフェースを追加して、他者装置間の通信を簡単にして通信にかかるコストを押し下げた。パソコンが高かったので導入当初は専用の端末を利用していたがパソコンの低価格化が進むにつれて、次にパソコンに専用のエミュレーション機能を搭載してシステムの低価格化を推し進めた。
モデムの登場により、離れた地点でもイントラネットができるようになった。光ファイバによるトークリングのようにイントラネット専用機器も増えてきている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る